最近数学や統計学の知識をマーケティングに活かすために勉強しています。
きっかけはUSJで活躍されている森岡毅さんの「確率思考の戦略論」という本を読んだことです。
森岡さんは低迷していたUSJをV字回復させた立役者で、感覚的なアイデアで勝負するのではなく、数学を駆使した論理的な戦略に基づいた方法を実践している方です。
私は学生時代、理系でありながらもあまり数学が得意ではありませんでした。
しかし森岡さんの本を読んだことで再び数学を学び直し、ビジネスに活かそうという思いが強く湧いてきたのです。
もちろん簡単ではないのですが、20代の今この能力を身に付けておけば必ずこの先の自分を支えてくれる武器になってくれると信じて頑張りたいと思っています。
経験からの感覚的な話ならそれを理解するのは非常に困難なのですが、数学は多くの人にとっての共通言語のようなもので、私のような駆け出しの社会人であってもしっかりと噛み砕くことで理解できます。
世界のどこでも活用できますし、これからどんどん成長できると思うと楽しみで仕方がありません。http://xn--ccke1ay4t5ba6472e.jp/